Page: 1/2   >>
模様替えの思い出

 

見慣れたいつもの カフェOnif'eです。

 

テーブルなどの配置替えは今までも何度かやりましたが

 

今回は定休日ともう一日お休みをもらって

 

時間をかけて模様替えしました。

 

.............        ..............

 

2010年にNicoが 今のこの場所に引っ越ししてきた時も

 

当時はまだサラリーマンだったリーダーが

 

壁という壁に

 

珪藻土、 ペンキ、 布張り などしてくれました。

 

でも 時間切れ.....と 疲労により。

 

トタンを張った部分を作りました。

 

それはそれで ジャンクな私の頭の中には何の違和感もなく

 

今まで約6年近く過ごしました。

 

 

でも 去年の暮れあたりから

 

私「う〜ん....何だか居酒屋気分....トタン、外そうやぁ!」

 

からはじまったのでした。

 

いつものパターンです。

 

私「でもね、無理ならいいんよ。無理なら。」

 

リーダー「外してどうするんな....」

 

私「可愛くするんよ!」

 

思いはあったのですが なにせ説明下手なので

 

いつもザックリな表現でしか言えないのですが

 

 

 

リーダー「..........いつからするんな....」

 

 

やった!!! と 私は計画をはじめました。

 

.............      ...............

まずは

 

掃除をしにくかったけど

 

思い出のある天井の 綿から外して

 

 

それからトタンを外しの作業に。

 

「さよなら!愛しのトタンちゃんよ!気分は変わるものなのさ!許してね!」

 

 

思い出のトタンを抱きしめて。

 

 

「おお....裏切ったんじゃないのよ。撃たないで!!」

 

なんてお気楽にきゃっきゃと 写真を撮ってると

 

「おまえも 手伝えや!!!」

 

 

 

「へい。」

 

と 細かい作業へもくもくと....。

 

 

 

そうそう。

 

「板をはわしてトタンを打ち付けたよねぇ。」

 

思い出話をしながら夜遅くまで作業しました。

 

..................    .....................

 

調子にのってカメラを向けると

 

露骨にイヤな顔をされるので こっそりと。

 

これは 天井を はわす足場板を切ってるところ。

 

 

さてと

 

ここらあたりから私も職人さん並みに頑張らないと....!!

 

 

 

 

珪藻土を塗る作業は なかなか上達した私です。

 

 

細かい部分はリーダー親分におまかせです。

 

 

 

私「細かい部分も手抜きせんでぇよ!!」

 

 

 

 

私がちゃんと塗っていないので

 

お怒りの親分。

 

 

口もきかずに 一服中。

 

 

 

 

 

 

天井下にも棚を付けて。

 

ここらあたりからの私は楽しくてルンルンでした。

 

 

親分は目にはつきにくい地味〜な作業がたくさんあるようです。

 

 

 

 

コランダーの照明を付けてもらって

 

わが家の庭で

 

まだ蕾だったミモザを上からぶら下げる私。

 

黄色い花が咲いた頃に

 

また増やしていこうと思っています。

 

 

これからも

 

できるだけ 庭で摘んだ植物をあしらっていけたらいいなと思ってます。

 

 

 

 

 

なんだかんだとケンカもしながら

 

トタン部分も残して

 

まるくおさまるの巻。

 

 

 

長年行き場のなかった古い電気スイッチも取り付けました。

 

 

親分の思い出のブツも飾り棚に置いてあげました。

 

やさしい私。

 

 

 

 

壁がトタンでなくなると今までと同じテーブルも違う気がするのです。

 

ご存知のお客さんもおられるとおもいますが

 

このテーブル(机)は 娘が小学一年生から使っていた学習机です。

 

店内には こんな私のケチからはじまる思い出の什器がたくさんあります。

 

 

 

白いカゴには

 

6年ちかく天井をふわふわさせてくれた 綿を少し束ねて飾りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん 小さな思い出のあるものを

 

飾っていきます。

 

この時間がとても大好きな私です。

 

そして同じこの時間に

 

親分は 左官道具や シートを外で水洗いして干してたり

 

ほかのこまごまな掃除など 北風に吹かれて爽やかに!

 

がんばっていました。

(ここには絶対写真を撮りにいかない私)

 

 

 

 

今回も

 

コツコツと二人で仕上げた店作り。

 

素人なので 見られると恥ずかしい部分もたくさんあります。

 

それでも

 

この日のことが 大切な思い出になっていくことに

 

幸せを感じたいと思うし

 

来られたお客さんにその思いが伝わったとしたなら

 

私たちの心から理想とする 愛ある店への一歩だと思うのです。

 

 

 

 

 

静かに 心穏やかに でも強く。

 

そんな空間でありたいと思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| conbu | 18:09 | - | - | pookmark |
お盆休みの山珈琲

お盆休みは

 

ほぼ「家の人」でした。

 

お墓参り、子どもたちとそして母とBBQ、ひたすら草取り....。

 

しかも あーつーかっーたぁぁ!!!!

 

どこか 涼しいところへ避難したい!!

 

避暑地。避暑地。

 

お盆休み最後の日に 涼を求めて出かけてきました。

 

絶対 お日様より早く出かけてやるぅ!

 

そう思って 早起きしました。

 

 

山の朝は ひんやりしていて 爽やかで 気持ち良かった。

 

シーン。

 

聞こえるのは 鳥のさえずり。

 

 

 

昨日までの ジメジメ ムシムシのあの暑さはなんだったんだろ....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いつきで出発したから

何もなく

いつもの リーダーのスコーンを持ってね。

 

 

 

 

 

ぼんやり

 

ゆっくり

 

時間も気にせず ただひたすら ぼんやり ゆっくり。

 

 

 

持ってきていた 三脚でカメラを向けると

 

二人のポーズは こうなる。

 

 

同じ、同じ。  夫婦だわ。笑

 

 

 

最終的には

 

こうなる。

 

 

おやすみ。

 

 

 

 

ここは

庄原の吾妻山のふもと。

 

8年前には 友だちと ちゃーんと 山頂まで登ったのになぁ。

 

ちょっと若い私でもありました。

 

 

 

 

そうそう、途中で雨も降りだして ドキドキしながら登ったのを思い出しました。

 

 

 

山(正確には山のふもと)コーヒー....

 

しばらくハマりそうです。

 

 

| conbu | 17:48 | - | - | pookmark |
「la vie展」....ひと手間のある暮らし....番外編

私の大好きな夫婦がいます。

 

それは 高校時代からの友だちです。

 

17歳だった私たちも 今では.....笑。 すっかり大人。

 

 

 

夫婦で建築関係の仕事をしています。

 

ある日

 

「使わなくなった倉庫をもろうたんじゃけど.....こんぶ、いる???」

 

兼ねてから 小さな小屋がほしかった私は....

 

「いるぅぅぅ!!!!」

 

 

 

全ては そこから始まりました。

 

 

 

説明書のない イナバ物置!!!

 

パズルのように組み立てていきました。

 

まだ リーダーは アキレス腱断裂術後で 足には装具付き状態でした。

 

 

そして 組たった THE イナバ物置!!!

 

 

ここからが 暮らしにひと手間 期間が 始まりました。 

 

 

 

Nico出勤前の 朝の時間は

 

今までは リーダーのトレーニング時間でした。

 

走りに行ってたり 公園でボールの壁当てに....時には バッティングセンターまで。

 

そんな日課でしたが....

 

あの 「ブチッッッ」となったあの事故から 全部が 無理!!

 

そんなタイミングでの 小屋作り開始。

 

リハビリぢゃん!!???ね!!ね。ね。

 

 

 

 

 

毎朝、時に 仕事から帰って

 

ボチボチ、コツコツと

 

私の 理想の小屋に はたしてなるのか????

 

足の不自由なリーダーに

 

容赦なくアレコレ注文は 山のように言いつけ 

 

思いとちがっていたら ダメ出しで やり直し。

 

まさに スパルタ現場監督のワタシ。

 

 

 

「ペンキじゃ嫌なんよねぇ」

 

「珪藻土でぼこぼこ具合出したいよねぇ」

 

 

でも スチールの材質に すぐに塗ってものらないらしく

 

シーラーなるものを塗ることにしました。

 

素人には 知らないことがいっぱいでした。

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き戸をいかにドア風に見せるか??

 

まずは オイルステンで。

 

反対の引き戸は 壁っぽく見せて。

 

小窓を二つ作りたい!!!

 

などと 監督の注文は多いのです。

 

 

 

 

多い注文に 頭を悩ませている様子のリーダー。

 

 

そう すぐに 小窓なんてあるわけもなく。

 

しかも アンティークっぽくしたい。

 

でも お金をかけてしたくない。

 

何かを利用できないかぁぁぁ????

 

 

苦肉の策で....「額縁」!!!!

 

 

 

 

「ねえねえ、 ひょっとこ みたい...ぢゃん」

 

 

............チーンっ...........

 

 

 

 

なかなか 良いアイディアが浮かばないまま できることを やっていきました。

 

どうやって 屋根を作るかも 悩みました。

 

何せ ケチケチ小屋作り。

 

何回も ホームセンターに通って ヒントを探しました。

 

 

 

 

取り付けているランプは 随分前に 蚤の市で安価でゲットしたもの。

 

一面ガラスは 割れているのですが....

 

まっ、良し!としよう。 雰囲気で良しだ!!

 

と、 監督の私は満足なのに この作業員は

 

「これは 電気がつかんと 意味がないんよ」と

 

 

ここは アナタ拘るんですね....。

 

 

古くてなかなか手ごわい配線に苦労したようです。

 

 

 

「ドアは 青で いきますよ!」

 

 

 

 

 

 

「屋根は 板をはって 赤にしますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう!! そんな感じですよ!!!

 

 

 

監督は 朝の家事をしつつも しっかり 監視しておるのです。

 

 

私の注文通り動いてくれてた リーダーですが.....

 

この 色合わせ 出来上がって 冷静に 見た時。

 

 

「おいっ.....カラオケBOXみたいじゃけ へんなで!!」

監督にむかって  ダメ出し。

 

「..................。」

 

実は 私も そう思ったので 何も言えず。

 

さえなさすぎて 写真すら撮ってない。

  (撮っておけばよかった....

 

 

..................

 

 

ここから 屋根とドアに またまた オイルステンを重ね塗り。

 

小屋全体の珪藻土塗り。

 

ほかにも 残念風な額縁窓 や 

 

リーダーこだわりのランプに ブライワックスを塗り アンティーク感を。

 

 

持ってた小物をあれやこれや。

 

このへんからは 監督と作業員のへだたりをなくし

 

夫婦共同作業となりました。

 

 

 

やっと ここまで できました。

 

 

 

 

まだ 完成じゃないのに 嬉しくて パチリ☆

 

 

 

 

ちょうど その頃 Nicoでの 「la vie展」がはじまり。

 

ひと手間かけた暮らし...のテーマだったので

 

イメージ写真に使ってみました。

 

 

 

うんうん。

 

何だか 理想に近づいてきたけど

 

やっぱり 小窓が 物足りない....。

 

 

 

そんな時

 

親友のあの夫婦からのこの一枚が 送られてきたのです。

 

「こんぶ....コレなかなか良い錆び具合じゃろ? 好きじゃない?? いる???」

 

 

 

「うぉぉぉ!!でかした!ナミちゃん!! いるぅ!!」

            (↑ ↑名前ね)

 

 

 

癒しのナミちゃんは 仕事中に遭遇したこんな写真も送ってくる。

 

 

 

 

 

可愛い友です。

 

 

 

 

ある日の私。

 

レンガ並べで疲れてた時に キラン☆と 目に入った 一輪車。

 

私 「ナミちゃん、 これほしい!!」

 

ナミ「.......これは ダメ!!!」

 

 

 

 

おっと 話を戻して。

 

そうなんです。

 

あの 良い感じで 錆びた手すりをもらったおかげで。

 

 

額縁小窓が 落ち着いたのでありました。

 

 

 

リーダーが退院してからの 二か月間

 

毎日、ちょっとした ひと手間の重なりが

 

私たち夫婦の楽しかった思い出になり

 

素人のケチケチ小屋作りだったけど 

 

かけがえのない愛おしいモノ作りになりました。

 

 

 

 

リーダーが 小屋ロス にならないように

 

さぁて 今度はどんな 注文をだそうかと

 

ニヤニヤ企んでる 私です。

 

「わしは はよ、トレーニングしたい」 by リーダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| conbu | 16:51 | - | - | pookmark |
カフェOnif'e....しばらくお休みしております。
野球が縁で知り合ったリーダーと私です。

知り合った17歳の時から ずっと 野球をやって、野球をやって、野球をやって、やんちゃもやってる姿を....
見てきました。

結婚してからもそれはずっと続き

サラリーマン時代には 会社で野球部まで作り
素人の集まりながらも みんなで試合を楽しみ 県大会にも何度か出場したこともありました。

子どもたちが小さい頃から 日曜日には野球の応援に行ったりもしていたので
息子も娘もすっかり野球好きになっていました。

成長した子どもたちはそれぞれ家族を持ちましたが
たまにみんなでわが家に集まると 今だに 野球ネタが会話の中心です。

そして 私たちも 気づけば50OVER。

ただ
二人でお店を営むようになってからも 相変わらずな 野球三昧のあの人。


サラリーマン時代に作ったチームは
今年からは チーム名を 「Nico」に変更して 息子とも一緒にプレーしています。






他にも
40歳以上の野球好きで作った シニアリーグの 「港クラブ」

そして
「親父たちの甲子園」で この頃話題にもなってきた 「マスターズ甲子園」では
母校でのプレーヤーと同時に
広島県の理事長も兼任し 全国の高野連OBたちとの関わりも楽しんで
老体にムチ打ちながらも 野球を続けています。


写真は 10年前に マスターズで甲子園に出場した時のもの


しかし
半世紀以上も生きておりますと
ただ楽しいばかりのはずもなく
いろんなことを 背負いながら人生を進んで行くのは
だれでもみんな経験されていることだと思います。

もちろん私たちも ここ3,4年は 目まぐるしく環境も変わり
この先どうなるんだろう...なんて不安なことも多々あります。

その いろんな事の一つに
2年前くらいからの リーダーの体調不良がありました。

大リーグ挑戦だの
修行の旅に行くだの 笑っておりましたが
実は 2回の入退院をくりかえし
今 現在も 多発性骨髄腫との闘いを続けています。

毎週の化学療法の経過は 少しずつ良い方向へいっているものの
本当は まだ 野球など 激しい運動の許可は出ていない状態。

昨年は 試合には行っても プレーをするのは 我慢した一年でした。

しかしながら この野球小僧ならぬ 野球親父は
「ちょっとだけ」
「人数が足りんかった」
「コーチャーだけ」
「ノッカーだけ」
などと こどものような わがまま ....性根のなさ。 

そんな
3月27日の シニアチーム港クラブの試合では
                          (この日は 出たらしい)怒。私。
攻守ともに調子良く
「まだまだやれる!!!」ムフフフと
意気揚々と思った矢先

「ブチっっっ!!」と大きな音とともに
 後ろから誰かに蹴られたような感覚の中
 気がつけば はって ホームイン!!! だったそうです。


その一時間後
医師からの診断は 「左アキレス腱断裂」全治1カ月。




今日に至る。



入院空き待ちで 店に来ていたリーダーは
松葉杖姿.....

びっくりされるお客さんたち!!!
たまたま 常連さんばかりだったので
しばらくお休みになるからと
失礼ながら 片足ケンケンで 
何とかコーヒーを淹れるという 無様な姿。

それでも
「リーダーの厳しいコーヒーが1カ月も飲めんのは さえんわぁ....」
と 言ってくださる心あたたかなお客さんたちに
囲まれてる様子に
こんな好き勝手しているのに カフェ担当のこの人は 幸せ者だなぁ....と
本当に感謝しました。


私たちの
勝手なペースや思いで お客さんたちにはご迷惑をおかけして
とても申し訳なく思うのですが
こんな風にしかやれない 不器用で頑固なコンビです。

それでも
そんなNicoが、Onif'eが 大好きだと言ってくださる
お客さんたちに 支えていただきながら
これからも がんばりたいと思います。

このケガが治っても
まだ 先の長い治療もありますが
何事も 今日の積み重ねが
未来につながると信じています。

この おっさんにとって (リーダーもはやおっさん扱い)
野球も
もちろんOnif'eも
かけがえのない大切なもの
カフェは しばらく休みますが
入院奮闘記をひっさげて
また帰ってまいります。.....と言っております。




どうぞよろしくお願いいたします。


ちなみに
血液内科、腎臓内科の二人の先生にも
もちろんこのことは 伝わるわけでして
しっかりと お灸をすえられている
リーダーの姿は
知り合った頃の 高校球児の顔に 見えました。





 







 
| conbu | 21:16 | - | - | pookmark |
ほんの少しの豊かな時間。

先日 仕事で 香川県まで 車を走らせてきました。

リーダーと二人で。

良い感じの距離を走るのは

日頃 あまりしないような話題なども

お互い 前を向いて進んでいると

何だか自然に会話もはずむもので。

年に何回かは 蚤の市に出掛けたり

知り合いのお店を訪ねて行く道中を 楽しみにしています。



仕事をすませた後.......。


ずっと 行ってみたかったお店がありました。


今日は そのことを 綴ります。



高松市にある

「珈琲と本と音楽  半空」


そこは 細い階段を上がって行くとほどよく暗い

そして静かであろう雰囲気に包まれていました。

ドアを開けると カウンターに 男性のお客さまがお一人で座られていて

少し 煙草の匂いも漂う......煙草を吸わない私たちには それは苦手な匂いなのですが

何故か この空間では それもまたステキに感じました。



私は 半空ブレンド珈琲を

リーダーは チョコレートウィンナー珈琲を。

カウンター席の後ろの棚には ずらりと たくさんの本が 並び

もしかしてマスターのおすすめ?らしき 本も ちょっと特別オーラー醸しだしてるように並んでいました。


私たちが 珈琲を待っている間に

先にいらしていたお客さまは席を 立たれて......。

帰りがけに

ちょっと 私の耳に入ってきた 会話が


    「あっ、そう言えば ○○の新刊読みました???」

    「あぁぁ、まだ読んでないんですよ....」     

何でもない会話です。きっと。

だけど ここの空間と 流れる音楽が 馴染んだ大人の関係の会話に思えて 

へんな表現だけど 耳触りが 良い。 みたいな。

私は 本の紹介がしてある 冊子のようなものをチョイスして

リーダーは 

「あぁぁ....懐かしい! わしこの本を高校生の時に読んで ぶちハマッたんよぉ。

            うわっ!!なつかしぃ!!!!!!」

そう言って

       黒岩 重吾 の 「人間の鎖」を 手に取り

見たら すでに 横で 読みふけっていました。




それから 私は 仕事の電話が入りお店から出ていました。






珈琲を飲みながら 小説に没頭しているリーダー。

その 脇には さっきまではなかった 小さな赤い電気スタンドが リーダーの手と本を照らしていました。



実に良い!!!  すごく良い!!!  

その感じが とても良く。  どうしてだか 気持ちが やわらいだんです。私。



これは お店を出て 聞いたんですが

リーダーが 本を読んでると


「よろしかったら これ、お使いください。」 と言って 灯りを置いてくださったそうです。

マスターの静かで自然なトーンの声が すごく良かったらしいです。




やっぱり!!!

ほんと、この空間での あの言葉少ない会話を 想像すると

何だか ナメた言い方ですが 「キュン」としちゃいました。  





二人で 喋りもせず 本を読んでると

(実は .....忘れてる???まっ、いっか....。 と 思っていた 小倉サンドが 出てきました。)

ほんとは 珈琲と一緒に出てくるかと思っていた 小倉サンドは

ホットサンドだったのですね。

食パンの香ばしい焼け具合に 熱々の小倉あんがはさまってて

それはとても美味しくて 慌てて食べて唇、焼いちゃいました。 あつっ!!!!うまっ!!!!



少し時間が かかってしまう。

きっと ここでは その ゆっくりが とても似合っているんだなぁ って思いました。


その場所、その場所での 独自の法則みたいなものがあって

それが好きで この場所に来て 珈琲を飲む  本を読む

たくさん積み上げられてあるCDから 選ばれて流れる 音がある。


長い時間 そこに 座っていたかったけど

そうするわけにもいかず

私たちは 席を立ちました。



私たちが 帰る頃と同時に来られた 女性三人のお客さまは ワインの オーダーをされていました。


ここは 夜は Barに なるのですね。

店内の写真は

「撮らせてもらっていいですか?」 が 言えなくて 一枚もありませんが

でも

パチリ☆って したくない気持ちもありました。















ほんの少しの 何気ない時間で 心が豊かになりました。


どこがどうのなんて 説明したかったわけでは なく。




このお店に 行ってみたいな....と 思って

そして 訪れたからこその この感じに  心地良く

また 明日からの 活力にもなった気がしています。


少し うす暗くなった風景と 一緒に帰路。

まっすぐ向いて 3時間の お喋りタイムと共に。













p.s

もうひとつの ステキな場所

珈琲と古道具  「Remza」

私たち以外にお客さまがいらっしゃらなかったので

店主の許可をいただいて 写真を撮らせてもらいました。


































 





 

| conbu | 17:48 | - | - | pookmark |
大好きの想い。


 先日 娘が 嫁ぎました。

いつか この日が 来るのなら

母として 精一杯の大好きを 娘に捧げたいとずっと思っていました。




私は 自分が ずっと好きだったものを

娘が幼い頃から 押し付けてきた気がしていたのですが

やっぱり 親子なのでしょうか....

似てくるのですね。

今回の結婚式の準備をしながら

私が母として 一番嬉しかったことです。


そして 何より 周りの方々が あったかい人たちで 

いっぱいだったことにも 

改めて気付かされました。







想いのある 「大好き」 が 一番大切だと 思っている私です。

この 赤いクマちゃんは お婿さんになる彼が 大切にしていたし

茶色のクマちゃんは 娘が3才の頃から背負っていたリュックサックの クマちゃん。



着ている服は

小学生の時に 娘が 自分で初めて選んだスカートでした。

このクマちゃんが 着ることになったのは

何だか クルクルまわって こんな結果になったのです。

聞いてもらえますか??? って 書いてるけど。






娘は 私の着せ替え人形でした。

私の感覚で 本人の意志は 置いといて.....いわゆる 親の勝手です。

下着や パジャマは 当時流行っていた セーラームーンの付いたものを 許しながら

ほんと、あとは 私のおもちゃ。← 今思う。 ごめん。

この スカートは そんな 娘の 初めて選んだもの。

毎日はいていました。  大好きで仕方なかったのでしょうね...

はかれなくなってもずっと 置いていたのですが

誰かにはいてもらった方が 嬉しいなぁ と 思い。

Nicoに来られるお客さんの お嬢さんに はいてもらうことになりました。


もちろん そのお嬢さんも 成長とともに はかれなくなります。

それを

チョビリンさんに 預けてくれていたのです。

「Nicoさんの娘さんが 大切にしていたスカートなので
      もし 何かに形が変えられるなら お願いします」って。

娘のスカートをそんな風に想ってくれていたなんて。

もちろん 私は そんなコト知らずにいました。





娘の結婚が決まって

大切にしていたいつもいつも一緒にいた クマちゃんを ウェルカムベアーに したくて。


どんな ドレスにしようかしら?

チョビリンさんに相談したところ......


「Nicoさん、出しゃばってごめんねなんじゃけど....実はねぇ。
        カクカクシカジカコーユー理由なんよぉ。   
   私に ウェルカムベアー 作らせてくれない!!??」  って。


なにを
   おっしゃる....うわぁ!願ったりかなったり。  嬉しいっっ!!!

それで できあがった クマちゃんには

ちゃぁんと ピンクのプードルの刺繍も入ってて。 涙。感激。






こちらの ウェルカムボードは....

Nicoでも ずっと 仲良しの イラストレーターのみとさん が 描いてくれました。



娘も みとサンの絵が 大好きで

結婚する時は 絶対に描いてほしいと 想っていたようです。

みとサンと娘の やりとりを Nicoで 見ながら。

私と同じように ワガママを 聞いてもらってるのかな....と ちょっとおもしろかった。

今までも たくさんの人たちが 

みとサンと打ち合わせしてる姿を 見てきたけど。

娘までもが....。ご縁ですね。嬉。

ちなみに 文字の部分は 彼と娘の大好物の 「ごまスティック」 すごっ!












本当に たくさんの方々から Nicoを通じて 娘にまでも 嬉しいサプライズ。

いただいて すぐ 新居に(古〜い官舎なのですが) 持っていって 並べていたので
すべてではありませんが
嫁ぐ前まで わが家に 飾っていました。  (私もほしい!!)









二人のためにと

不器用な私ですが リングピローを作りました。

実は 調味料入れなんです。昭和の....。アレンジすると......まっ!許され。笑。









娘が 披露宴の場面でかけたかった いろいろな音楽ですが。

ここは 私は 口出しできぬか....。と 思っていましたが。

まぁ 選んでた曲が......涙。涙。涙。

「Nico」の店名にもさせてもらった

大好きなadvantage Lucy の Everything SPLASH さくらんぼ etc

娘が 小学生の頃。

辛くても頑張って通った スイミングスクールまでの 車の中でいつもいつも

私が流していた Lucyの曲の 数々♪

「大好き」にしつこい私ですから 何年間もこのLucyを 聴いてきたことでしょう..娘は。


そして 10月にNicoで ライブもあった キンカちゃんのアルバムから....

もちろん 「キミドリ」♪  ちゅうちゅう ちゅうー♪



そして、そして、

「耳をすませば」からの カントリーロード♪

この曲も Nicoで キンカちゃんが 歌ってくれました。


こんなに 嬉しいことはありませんでした。

私の 「大好き」は 娘にも 知らず知らずのうちにのりうつっていたのかと。

内心....うっしっしと 思ったのです。  うっしっし!!!









その日は やってくるのですね。

ブーケは Rフラワーの山岡ねーさんに 作ってもらいました。


Rフラワーの山岡ねーさんとは かれこれ10数年のお付き合いです。

私がまだ 別の仕事をしている時から.....

何だか気になる存在で....ん? 記憶に残る存在でした。笑。

あっ!ねーさんなんて言いながら もちろん私がだいぶんおねーさんですが。
言わないでも わかる。.....ですよね。すんません。


写真は リーダーの手を離れて 彼のもとへ進むところで ジーンっっ....でした。涙。







彼と娘のお友だちが ほぼ共通なので

ほのぼのと ゆるゆる でも 若さですね、元気よく 宴は 進みました。

大好きな音が流れながら。







写真は 私の高校時代からの 親友夫婦。

私が いろいろやるコトを いつも応援してくれて

Nicoの移転や力仕事では いっぱい助けてくれる たよりになるコンビです!





こんな時でも この快晴堂ポーズ。

チョビリンさんに 私。 そして ゆきちゃん。





左は Nico家の長男で、ただ今花嫁募集中。  ヨロシクお願いします。




姪っ子親子のダンス披露。

姪っ子の被っているベレー帽は チョビリン帽子。







若い仲間たちは やることが 本当に斬新で おもしろい!

こんな いろんな 発想は Nicoのこれからの 刺激にもなりました。









こちらの 三人とも  「THE Nico」

ちょっと 見えなくて残念ですが

靴は 「nico la petite danseuse」

チョビリンさんは Cottoliのワンピースに シフォンのヨーヨーキルトをアレンジ

ゆきちゃんは tumugu:のシルクワンピースに レースの襟をつけて

娘は.....

これが 私の一番やりたかった 「お花摘みの森の花嫁」なんです。

ベースのドレスは Cottoliのシャーリングキャミワンピース

森の少女を描いてくれたのは
「たいな堂」の主宰でもある atelier Birth の 原 玲子さん

ドレスのアレンジは チョビリンさん
(この写真では うまく見えないのが 残念です....)

靴下は 原 いつかさん「ITUKA ITUKA」の 泣きながら食べたマカロニ

ピンクのカゴは こうだしほさん の 「Morado Velero」

花かんむり、花のブレス、花かごアレンジは Rフラワー

みんな、みんな私が大好きな、ぃぃぇ、Nicoが大好きな作家さんたち。

大好きなみんなに 森の花嫁 を 作っていただきました。

本当に 可愛くイメージ通りに仕上がって 感激でした。

Nicoから 繋がったご縁で こんな風にできて 私も娘も 本当に嬉しく幸せです。






控え室での ヒトコマ.....

義姉に スタイリング中。

こちらも Cottoliの ワンピースを重ねて、ブラックドロワースを。




いろんな Nicoを いっぱい詰め込みながら

楽しい披露宴になるように 企んできました。



企んできたからには

ちゃんとそれを この目に 焼き付けたく

しかも 留め袖姿の新婦の母が カメラ片手に パシャパシャ撮るわけにもいかず

ほろ酔いアニキに 撮ってもらった写真が ううう〜ん おしいーー;

まともな写真がなく...。






お調子者の私も やはり娘からの手紙には 号泣でした。



Nicoさんとも呼ばれる 母

リーダーとも呼ばれる 父


この 音歩記は その両方から 見た気持ちを 綴ってきました。

それでも 親バカな一面もあったかと思いますが

笑ってお許し下さいね。



23年間育てた娘に

大好きな彼がそばにいてくれて

そして 新しいお父さん、お母さんができて、

私がいろんな 大好きを 大切にしてきたように

娘も これから たくさんの 大好きに 出会ってくれて

それを 大切にふくらませて いってほしいと 願うばかりです。













では 最後に 

娘の結婚記念に買った (こじつけ) オレンジ色のハットにて。


「はい、 ポーズ!!」






















 

| conbu | 15:31 | - | - | pookmark |
おーーいっ! だぁいせぇーんっ!!!
 何かあると....

大山に会いに行きたくなる。



いつだったかは まだワタシが Nicoを 始める前。

いつだったかは リーダーがまだサラリーマンだった頃 日々の仕事に疑問を感じてた時。

あの どーん!!とした 大山に会いに行きたくなるのだ。


.......と 言うか 夏の大山が 大好きなのだ!


しかも 登るのでは なく.....山を眺めるのが!!笑。






天気が 今ひとつでは あったけど.....。



どんどん クルマを走らせて

どんどん 高くなっていく。





「やっほぉぉ!!」





ミドリのトンネル......GO!GO!!



どんどん クルマを走らせて

どんどん 高くなっていく。


なのに そこには....



あははっ!  mont-bell






そして.....

そこで お気に入りを ゲット!した後は

大山に 会いに。


「コウボパン 小さじいち」 へ!







Nicoの 休日は

快晴堂 と Micsmile !!!









天然酵母の 美味しそうなパンが ずらーーーっ......ーー;

(お客さまが選ばれてたので パンの写真は 撮りませんでしたの)






階段を おりて。

「食べるところ」へ






えっ???

だっ...大山は??

夏の大山に 会いに来たのでしょっ.....


って!??


あのね....

「食べるところ」に 座ると

何と....目の前には





じゃ〜〜〜ん!!! だぁいせぇーんっ!!!


そう 大山を眺めながら ランチできるのだぁ!






パンはおかわりできるのだ!

食後のコーヒーも たっぷりで これまた 美味しい。

うーん まったり。




お外も 可愛いテーブルが いくつかあるヨ!




リーダーが飲んだ

梅ソーダも自家製で 美味しかった!





ゆっくり

ほっこり

まったり


三拍子そろった 「小さじいち」の「食べるところ」




「だぁいせぇーんっ!!!  ありがとぉ!!!」



おみやげパンは



小さじをつけて パチリ☆




| conbu | 18:43 | - | - | pookmark |
Onife.....振り返ってみました。 お客さま、ありがとうございます。
 アニバーサリー的なことが 得意ではない 私たち夫婦。

17歳から同じ空気を吸っているせいか!??

夫婦というよりは 仲間!の感覚です。

結婚28年目の今も その感覚なので

特別な二人のアニバーサリー.....かつて あったかなぁ???

おっと!!

さすがに 子どもたちに関係する記念日や行事は楽しくやってきたけど....。



それだけ 同じ時間を過ごしながらも

昨年 春。

リーダーは サラリーマンを卒業しました。

50歳...人生の節目。

私たちは さらに同じ時間を過ごすことになっちゃった....



そして、



リーダーが カフェOnifeを オープンさせて 一年がたちました。

私はリーダーの性格を100%知ってるから

かなり、かなり、かなり 心配をしました。


ひとコトで言えば....頑固。頑固。頑固。

まぁ...まぁですよ...カッコよく言えば ブレない。ブレない。ブレない。


そんな性格故 心配もするワケです。



それでも

気が付けば そんな性格のリーダーと私は 30数年を共にしている。

Onifeも ゆっくり....ゆっくり、ススメば いいのだろう。

そんなリーダーの存在も含めて Onifeなのだから.....。



まったくの ちがう畑に入りながらも

このヒト、このヒトなりに がんばってくれてたんだなっ。





































































































































それでも この一年で 私の心配をよそに

お客さまは とても あたたかく。

こんな リーダーの不器用な性格をも 受け入れてくださったことに

とっても感謝しています。



まだまだ 修行中のOnifeですが (Nicoもだけどね。)



こんな風に

お客さまと笑ってられるように なったんですね....

ちょっとは 成長したのかな!?




が.....

しかし。  仕事も大事だけど


リーダーから 奪ってはならぬモノ。

Onife1年と1日めの早朝。

玄関には

野球の道具と着替えがありました。

















いつも 私が カメラを持って 追いかけ回すのを

「撮すなやぁぁ!!」と イヤな顔しますが。

Onife密着は 先輩であるNicoの使命だと思い これからも ...... うふふっ!









Onifeの新メニューの ラッシー。

リーダーが レシピを考えたオリジナル。

サラリーマン時代には こんなコトするなんて思いませんでした。

メニューは いろいろ変わっていきますが

リーダーの頑固な性格は 今さら変わるハズもなく

先輩の私が フォローをしていくつもりです。^^v


これからも ヨロシクお願いします。



これ読んだら また リーダー怒るかなぁ....

まっ いいかっ!



もしかして 私たちが知りあって初めての 大切なアニバーサリーだったかも....。


















| conbu | 13:01 | - | - | pookmark |
ジャム作り体験してきました!




秋の風と空が とても気持ちいい.....

アヲハタのジャム工場に ジャム作り体験と工場見学に 行ってきました。


とにかく きれい☆




1ミリのズレも感じない。

ピシーーッッ.......!!! 





オマケに  まぁ 可愛い!!

この ギャラリーも ジャムのかたちのお家デス。




創業当時の マーマレードは 缶詰め.....(うぅ、ほしい!)






世界のジャムも ずらぁぁり!!

とても 可愛いパッケージのものが いっぱいデス。










さてさて。

今日は マーマレードを 作ります。

リーダー、エプロン姿で 準備OK!






主婦のグループや

お揃いのエプロン巻いてる...新婚さんかなぁ??

年配らしきご夫婦も!!

私たち 中年夫婦も 頑張ります!!




焦がさないように。


           そおっと....でも しっかり。


                    ぐるぐる。     ぐるぐる。


まだまだ お砂糖がなじんでいませんねぇ。






ジャムおぢさん......と  ジャムおば..いぇ  ジャムおねーさん!







だんだん 美味しそうな色になってきました。





糖度を ハカリます。


    覗いて、覗いて。




糖度65!!!

         よっしゃ!!!




うぅ〜ん!! よしよし!!

少し さまして........仕上げにいきます。


で、

その前に 休憩!



いろいろな ジャムを試食しました。



海のすぐそばにある アヲハタデッキ




アヲハタのトレードマーク   


       BLUE FLAGが ハタハタ.....






あらあら...

もうできちゃった写真です。

実は ビン詰めは けっこうシンケン!!!

シャッターの余裕がなかった ワタシです。

1番 リーダー

2番が ワタシ!!




ラベルも付けて ウキウキ!!!





手作りの ジャムが 近々Onif'eに 並ぶカモですよ......ほんとかぁ!!??





早起きして 行ってよかったです!!!


あっ!!

この後 ちゃんとお店は開けましたヨ!!!

じゃんじゃん!!










 

| conbu | 18:17 | - | - | pookmark |
Onif’e の コト。



リーダーの Onif'eが オープンして もうすぐ2ケ月...

先日 リーダーの野球の試合のために 二日間のお休みを いただきました。

ずっと、ずっと 野球を やってきたリーダーです。

今までは サラリーマンで 土日休み...

野球も 遠慮なく どんどん どしどし やってきました。

何せ この年齢で 3チーム掛け持ち...もちろん現役!!



この度は レギュラーチーム(いわゆる若いグループ)では 9年ぶりの県大会出場!!

行かないわけには いかぬ。

         行かせないわけには いかぬ。







と、言うわけです。

ココロの中で........

           「まっ....Onif'eは
   
                 休んでも大丈夫かっ...」

        
       なんて、 どこを どう判断してか ちょっと Nicoからの

       よーするに 上から目線で 軽く決めたのでした。





   しぃ.......ん     





  

ところが、



「えっ!!今日 リーダーは?」

         
     とか、

                   「何でぇ!! 楽しみに来たのにぃ...」

                   
                             やら、


Nicoに お客さんが いらっしゃらない時


「ジンジャーエールなら アタシが 入れられるんだけど....」



      でもでも、こんな声......



「あぁあ...やっぱり カウンターの中には リーダーじゃなきゃダメじゃねぇ」


      とか、



                  「リーダーは もっと 丁寧に ココロが入っとるよ」


                             やら、


「やっぱり Onif'eは リーダーの ポジションだわ」



                                 etc。

さんざんデシタ。


         アタシ......とほほ。



ここからは 回想シーン

    ↓       ↓         ↓              ↓            ↓        ↓




           


























ケーキは 食べるだけ!


だったのに、


       広島の西区にある   「ミカ GRAND CAFE」  にて  修行....


                それは それは 涙...涙の

                       いえ、

                やさしいマンマねーさん(ミカ店主のこと)の

                楽しい ご指導のもと、


        「厳つい おっさんが 可愛いケーキを作る!」を キーワードに

                         がんばってきた リーダーでした。








onif'eの リーダーは

      何もかもが 初めてだけど.....


            そして、   


      「不器用ですから....」  ←(高倉 健 風に)  


            だけど、

ココロを 込めて 初めてを 一生懸命やってきたのです....ね。

                                   (すまん、リーダー)  by アタシ











Nicoの中の onif'eでは なく.....


リーダーの Onif'eは 「おにふぇ」 として 歩いていたのですネ








不器用だけど 一生懸命の スガタを

          お客さんたちは 温かく見守って    そして

                         認めてくれてたんですね.....ありがとうございます。
Nicoは

     上から目線で Onif'eを 見ていました。(反省..)




  それでも リーダーから 背番号10 を
                     奪うことは できないので
                     時々オープン時間が 遅れるかもですが....。





お客さんが 

      「Onif'e ナイス!!」

     

                   「リーダーないす!!」  と


     
         言ってくださるように 精進!していきます。







  P.S

熱さに バテている方に、

あたしに かまわないで!の方に.....

お手紙 書きたい方に、

読みかけの小説がある方に.....

                     「おひとりサマ席」  ありマス。













                    
 
| conbu | 14:35 | - | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode