Entry: main  << >>
ほんの少しの豊かな時間。

先日 仕事で 香川県まで 車を走らせてきました。

リーダーと二人で。

良い感じの距離を走るのは

日頃 あまりしないような話題なども

お互い 前を向いて進んでいると

何だか自然に会話もはずむもので。

年に何回かは 蚤の市に出掛けたり

知り合いのお店を訪ねて行く道中を 楽しみにしています。



仕事をすませた後.......。


ずっと 行ってみたかったお店がありました。


今日は そのことを 綴ります。



高松市にある

「珈琲と本と音楽  半空」


そこは 細い階段を上がって行くとほどよく暗い

そして静かであろう雰囲気に包まれていました。

ドアを開けると カウンターに 男性のお客さまがお一人で座られていて

少し 煙草の匂いも漂う......煙草を吸わない私たちには それは苦手な匂いなのですが

何故か この空間では それもまたステキに感じました。



私は 半空ブレンド珈琲を

リーダーは チョコレートウィンナー珈琲を。

カウンター席の後ろの棚には ずらりと たくさんの本が 並び

もしかしてマスターのおすすめ?らしき 本も ちょっと特別オーラー醸しだしてるように並んでいました。


私たちが 珈琲を待っている間に

先にいらしていたお客さまは席を 立たれて......。

帰りがけに

ちょっと 私の耳に入ってきた 会話が


    「あっ、そう言えば ○○の新刊読みました???」

    「あぁぁ、まだ読んでないんですよ....」     

何でもない会話です。きっと。

だけど ここの空間と 流れる音楽が 馴染んだ大人の関係の会話に思えて 

へんな表現だけど 耳触りが 良い。 みたいな。

私は 本の紹介がしてある 冊子のようなものをチョイスして

リーダーは 

「あぁぁ....懐かしい! わしこの本を高校生の時に読んで ぶちハマッたんよぉ。

            うわっ!!なつかしぃ!!!!!!」

そう言って

       黒岩 重吾 の 「人間の鎖」を 手に取り

見たら すでに 横で 読みふけっていました。




それから 私は 仕事の電話が入りお店から出ていました。






珈琲を飲みながら 小説に没頭しているリーダー。

その 脇には さっきまではなかった 小さな赤い電気スタンドが リーダーの手と本を照らしていました。



実に良い!!!  すごく良い!!!  

その感じが とても良く。  どうしてだか 気持ちが やわらいだんです。私。



これは お店を出て 聞いたんですが

リーダーが 本を読んでると


「よろしかったら これ、お使いください。」 と言って 灯りを置いてくださったそうです。

マスターの静かで自然なトーンの声が すごく良かったらしいです。




やっぱり!!!

ほんと、この空間での あの言葉少ない会話を 想像すると

何だか ナメた言い方ですが 「キュン」としちゃいました。  





二人で 喋りもせず 本を読んでると

(実は .....忘れてる???まっ、いっか....。 と 思っていた 小倉サンドが 出てきました。)

ほんとは 珈琲と一緒に出てくるかと思っていた 小倉サンドは

ホットサンドだったのですね。

食パンの香ばしい焼け具合に 熱々の小倉あんがはさまってて

それはとても美味しくて 慌てて食べて唇、焼いちゃいました。 あつっ!!!!うまっ!!!!



少し時間が かかってしまう。

きっと ここでは その ゆっくりが とても似合っているんだなぁ って思いました。


その場所、その場所での 独自の法則みたいなものがあって

それが好きで この場所に来て 珈琲を飲む  本を読む

たくさん積み上げられてあるCDから 選ばれて流れる 音がある。


長い時間 そこに 座っていたかったけど

そうするわけにもいかず

私たちは 席を立ちました。



私たちが 帰る頃と同時に来られた 女性三人のお客さまは ワインの オーダーをされていました。


ここは 夜は Barに なるのですね。

店内の写真は

「撮らせてもらっていいですか?」 が 言えなくて 一枚もありませんが

でも

パチリ☆って したくない気持ちもありました。















ほんの少しの 何気ない時間で 心が豊かになりました。


どこがどうのなんて 説明したかったわけでは なく。




このお店に 行ってみたいな....と 思って

そして 訪れたからこその この感じに  心地良く

また 明日からの 活力にもなった気がしています。


少し うす暗くなった風景と 一緒に帰路。

まっすぐ向いて 3時間の お喋りタイムと共に。













p.s

もうひとつの ステキな場所

珈琲と古道具  「Remza」

私たち以外にお客さまがいらっしゃらなかったので

店主の許可をいただいて 写真を撮らせてもらいました。


































 





 

| conbu | 17:48 | - | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode