Entry: main  << >>
Yoko Takeshita と Nico と そしてお客さんたち。色の時間 と 色の音

     Yoko Takeshita新作テキスタイルコレクション2012
     撮影 安藤幸代
              Yoko Takeshita FBページより   


竹下洋子さんに 会わずにはいられなくなった

私にとっての衝撃の一枚の写真でした。

この写真を見てからあまり時間は経っていなかったと思います。

2013年の2月 私は洋子さんの白いアトリエに いました。













白い箱の中で舞っている色の粒子たちを

Nicoに持って帰りたい!!!


どエラク緊張して洋子さんとお話しした数時間でした。

Yoko Takesitaのテキスタイル展と手描きのTシャツ展と 過去2回Nicoでの展示会を経て

2015年4月....

竹下洋子さんと一点モノのニットたちを Nicoへお迎えすることになろうとは

2年前の冬 アトリエに伺った時には 思いもしなかった展開でした。




実は......正直.....かなり.....プレッシャー!!!でした。
  ↑      ↑    ↑   ↑
(この気持ちは 二日目の夜。日本酒飲んだ勢いで白状しました。涙。笑。)

過去2回のNicoでの展示会では テキスタイルが大人気で 私もお客さんもまだニットの魅力に気付かなかったのです。


さぁ!!!さぁ!!どうする!?どうする!?

なぜそんなことを思ったか。

それは

Nicoにあるものすべて、すべて、私の「大好きのココロ満タンのモノばかりです」

だから その大好きと感じた Yoko Takeshitaのテキスタイルの写真を見た時 ジッとしていられず行動したのです。

でも 私にとっての Yokoのニットは テキスタイルの綿素材の服とちがい 身体のラインが出すぎてしまうんじゃない???という不安が....

まだ 実際着てもないのに アタマで想像して そんなイメージを持ってしまってました。

見てすぐ「楽しい!!」と思えるこんなテキスタイルを描ける洋子さんをとても魅力的に思っている私ですから



  「チェリー」
     〜恋する乙女の心模様〜 Yoko Takeshitaテキスタイルより


私が ニットを心から大好きだと思えていない、それを半信半疑で お客さんに「いいでしょぅ!!!」なんて言えない。


洋子さんが20年来作り続けている Yokoのニットを もっと知りたい。好きになりたい。

ずっと 続けていく。そのブレていない心が。ニットだの テキスタイルだの ぬきに 

洋子さん自身を尊敬している私です。しかも とても魅力的な女性だし。



いろいろな素材の糸を縒って編みだす 世界に一枚しかないYokoのニット

綿  麻  モヘア  アクリル  毛  ナイロン  ポリエステル いろいろな糸が

混ざり合う不思議なニット





そうだ!! まずは 一足お先で いつもの自分のスタイルにニットを取り入れてみよう!と思ったのです。


先送りしてもらった Yokoのニットと私は

まるで人見知りコンビ。

むむ。むむむ。むむむむ。





でも 会話するように ワタシとアナタ が 少しずつ 両想い♪ 何だか 感じてくるんです。

柔らかな そして不思議な色の混ざり合い。





自動シャッター前にして さすがに ニッコリ できてませんが

いつもの自分に Yokoのニットが 纏わりつく

ココロが おどってくる感じが...来る!? 来る!!















ほほう!!うんうん。

chobirinのエプロンと重ねたり

ベストを逆さまにきてみたり

あれこれ、あれこれと。

とっても軽くて自由自在にアレンジできる色ニット。

感じはじめている私のココロ





それから 数日たって 洋子さんが アップされていた衝撃のニット

この写真を見た時に 花火が打ち上がりました。

「ドッカーーーン!!!!」 「たまやぁーー!!!」

なんなんだ!!!?? なんなの??うわぁぁっっっ!!!




20年来の定番型ボックススカート



紙の着せ替え人形の服をモチーフにしたニットキャミソール







恐るべし!!着方だって いーっぱいいろいろできる!!
  (これは展示会中に判明したのですが...)

あの衝撃よ。再び!!!

あぁあ...私って ホント単細胞。 つくづく感じました。

でもね 感じる!って 心から感じる!って ウソじゃない!ってことですもん。ネ。



さてさて

何とも 前置きが長くて なかなか本題に入れていませんが(すんません)(まだだったの??)(はい。今から)

そんな こんなで




「YokoとNicoとそして...春のワルツ展」前日 どーっさり届いたYokoのニットたち


その大きな箱の中から 一枚、一枚、手に取るときの 私の心は 春の花が満開状態でした!!

「いやっほぉいっっ!!!!」



















YokoとNicoとお客さんたちの 4日間



たくさんのお客さんたちのスナップです
    (お客さんが多い時間はバタバタとしてカメラを持つの忘れていたのが残念です...ううっっ)

































初日の午後からは 

洋子さんのお話し会もやりました。










みなさん真剣。

絵のお話はもちろんですが

大学で講師もされている洋子さん、学生さんと交流のこと

家庭での 母の時間のこと  などなど みなさんからもいっぱい質問も受けてられましたよ。

たぶん......えっ!??たぶん??

はい。

私はその間 あれ着たり これ着たり 楽しんでました。−−;






まだまだ みなさんの写真....えいっ!!!

































二人で腕くんで満足な顔してるし...




こちらは
展示会二日目の夜のこと

西条と言えば 日本酒の町

そこで

各地のお酒と飲みくらべ....

ファッションのこと お酒を飲みながら 語り合いました。







今 世間でも話題の本の中から みんなで勝手にベストドレッサー賞も決めました!!

かなりの盛り上がり ほんとみんなおしゃれ好き少女たちです。???うふっ。




しかも 驚いたことに この本に登場していた方のお一人が

何と、洋子さんとの古くからのお友だちで 初日にNicoにも来てくださったんです!!!びっくり!!でしたぁ



おしゃれの話しは尽きることなく....

      (ちなみにこの夜 もちろんリーダーはおりません。少女の集まりは?きゃっきゃっと)










かんぺきに はじけた 楽しい夜でした。












「洋子さんって 最初こっ怖い??と思ってたけど....」




みなさん、そう言われてて...

そうなんですよねぇ。 背筋が伸びていて凛としたオーラーに包まれていて 私も最初は.....笑。

でもね

そんな印象とは ぜんぜんちがっていて

どなたにも同じやわらい接し方。そして チャーミングな声。

最初は ドキドキしていても  魔法にかかったように みなさんヨーコのトリコ!!

ほら、 こんな感じです。



ガチガチ。  ガチガチ。




少し ゆるむ。



いろいろとコーディネートしてもらってる間に....



この笑顔!!





この笑顔!!!

いや、 まだまだ....

この笑顔!!!!!!!!!



もう、 たまりません。


いつの間にか 一人でも.....うっとり。
























お友だちどうしでも



「これ、どうかね??」

「うんうん。」



「ほら、あれと 合わせてさぁ...」

「うんうん」



「これとあれで アレしてさぁ....」

「うんうん」

なんて 会話、してたかどうだか!?



他のお客さんとも....





そして




時に 奪い合いになった....かどうかは....笑。


気がつけば

みんな テキスタイルYoko




おやおや

洋子さんもchobirinエプロンと組み合わせ中なり




お客さんが とぎれていた時の この一枚 しーんって中での読書タイムのお二人さん




たくさん、たくさんのことがあった 4日間










私もお客さんたちと一緒に 笑ってた4日間でした。




いったい あの プレッシャーは 何だったのでしょうか????笑。




ほんと...だから こちらも

「案ずるより産むがやすし」ですよ!!



「がんばれ!がんばれ!!!リラックスしてがんばれっっ!!!」



3日目の夕方 あと一日残し 帰られる洋子さんに

私「ヨーコさん....帰っちゃうんですねぇぇぇ」 メソメソ的な声


洋「はい。 かえります」 あっさり的な....  おおおおっ!!クールビューティ!!!!笑



「洋子さん また、 お会いしましょうねぇ!!!

ありがとうございました!!!  ごきげんよう!!!!」

洋子さんと関わってくださったお客さんと私のデッカイ声です!!!!









また、いつか Yoko Takeshitaの世界を Nicoで開ける時が あったなら

その時は ぜひとも 足をお運びいただきたいです。

色の時間に出会っていただいて

ココロに色の音が聞こえてくると

どっさりな 笑顔溢れる楽しい毎日なりそうですよ!!!

私は またまた 服が大好きになりました。

そして、季節変わりのお忙しい中 たくさんのお客さんにおいでいただけたこと

心より感謝いたします。

本当にありがとうございました。




番外編



Yoko展から 後日

お嫁さんからのプレゼントは Yoko Takesitaのベストでした。

洋子さんのように できたかどうかは わからないけど

Yokoのニット を 大好きになっている私は 

「ほらね、Yokoのニットって 楽しいでしょっ!!」って

ココロから言っていました。












































 
| conbu | 18:28 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode