Entry: main  << >>
模様替えの思い出

 

見慣れたいつもの カフェOnif'eです。

 

テーブルなどの配置替えは今までも何度かやりましたが

 

今回は定休日ともう一日お休みをもらって

 

時間をかけて模様替えしました。

 

.............        ..............

 

2010年にNicoが 今のこの場所に引っ越ししてきた時も

 

当時はまだサラリーマンだったリーダーが

 

壁という壁に

 

珪藻土、 ペンキ、 布張り などしてくれました。

 

でも 時間切れ.....と 疲労により。

 

トタンを張った部分を作りました。

 

それはそれで ジャンクな私の頭の中には何の違和感もなく

 

今まで約6年近く過ごしました。

 

 

でも 去年の暮れあたりから

 

私「う〜ん....何だか居酒屋気分....トタン、外そうやぁ!」

 

からはじまったのでした。

 

いつものパターンです。

 

私「でもね、無理ならいいんよ。無理なら。」

 

リーダー「外してどうするんな....」

 

私「可愛くするんよ!」

 

思いはあったのですが なにせ説明下手なので

 

いつもザックリな表現でしか言えないのですが

 

 

 

リーダー「..........いつからするんな....」

 

 

やった!!! と 私は計画をはじめました。

 

.............      ...............

まずは

 

掃除をしにくかったけど

 

思い出のある天井の 綿から外して

 

 

それからトタンを外しの作業に。

 

「さよなら!愛しのトタンちゃんよ!気分は変わるものなのさ!許してね!」

 

 

思い出のトタンを抱きしめて。

 

 

「おお....裏切ったんじゃないのよ。撃たないで!!」

 

なんてお気楽にきゃっきゃと 写真を撮ってると

 

「おまえも 手伝えや!!!」

 

 

 

「へい。」

 

と 細かい作業へもくもくと....。

 

 

 

そうそう。

 

「板をはわしてトタンを打ち付けたよねぇ。」

 

思い出話をしながら夜遅くまで作業しました。

 

..................    .....................

 

調子にのってカメラを向けると

 

露骨にイヤな顔をされるので こっそりと。

 

これは 天井を はわす足場板を切ってるところ。

 

 

さてと

 

ここらあたりから私も職人さん並みに頑張らないと....!!

 

 

 

 

珪藻土を塗る作業は なかなか上達した私です。

 

 

細かい部分はリーダー親分におまかせです。

 

 

 

私「細かい部分も手抜きせんでぇよ!!」

 

 

 

 

私がちゃんと塗っていないので

 

お怒りの親分。

 

 

口もきかずに 一服中。

 

 

 

 

 

 

天井下にも棚を付けて。

 

ここらあたりからの私は楽しくてルンルンでした。

 

 

親分は目にはつきにくい地味〜な作業がたくさんあるようです。

 

 

 

 

コランダーの照明を付けてもらって

 

わが家の庭で

 

まだ蕾だったミモザを上からぶら下げる私。

 

黄色い花が咲いた頃に

 

また増やしていこうと思っています。

 

 

これからも

 

できるだけ 庭で摘んだ植物をあしらっていけたらいいなと思ってます。

 

 

 

 

 

なんだかんだとケンカもしながら

 

トタン部分も残して

 

まるくおさまるの巻。

 

 

 

長年行き場のなかった古い電気スイッチも取り付けました。

 

 

親分の思い出のブツも飾り棚に置いてあげました。

 

やさしい私。

 

 

 

 

壁がトタンでなくなると今までと同じテーブルも違う気がするのです。

 

ご存知のお客さんもおられるとおもいますが

 

このテーブル(机)は 娘が小学一年生から使っていた学習机です。

 

店内には こんな私のケチからはじまる思い出の什器がたくさんあります。

 

 

 

白いカゴには

 

6年ちかく天井をふわふわさせてくれた 綿を少し束ねて飾りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん 小さな思い出のあるものを

 

飾っていきます。

 

この時間がとても大好きな私です。

 

そして同じこの時間に

 

親分は 左官道具や シートを外で水洗いして干してたり

 

ほかのこまごまな掃除など 北風に吹かれて爽やかに!

 

がんばっていました。

(ここには絶対写真を撮りにいかない私)

 

 

 

 

今回も

 

コツコツと二人で仕上げた店作り。

 

素人なので 見られると恥ずかしい部分もたくさんあります。

 

それでも

 

この日のことが 大切な思い出になっていくことに

 

幸せを感じたいと思うし

 

来られたお客さんにその思いが伝わったとしたなら

 

私たちの心から理想とする 愛ある店への一歩だと思うのです。

 

 

 

 

 

静かに 心穏やかに でも強く。

 

そんな空間でありたいと思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| conbu | 18:09 | - | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode