Entry: main  << >>
ありがとう。お客さま。ありがとう。チョビリンさん。

8月2日から はじまった

 

 「チョビリンの洋服展」

   ....夏とお出かけ編..

 

 

 

 

 

暑い夏でも

楽しくお出かけできるように

 

ガブッと着て

ササッとお出かけ。

 

汗をかいても大丈夫!!

 

チャチャッとお洗濯できて

ピピッとすぐに乾いちゃう!!!

 

 

チョビリンさんの作られる

 

「チョビリンの服」には

 

しつこい想いがあります。←良い意味です。

 

 

 

 

洋服のタグは チクチク刺繍があります

 

 

下げ札は 手作り消しゴムはんこで ペッタンコ

 

 

 

 

開くと 注意書きも

手書きで

その生地に応じたコメントを。

 

 

どれも 一枚。一枚。

 

この3つのことは 

「チョビリンの服」を 作り出してから

ずっと 変わらず続けてくれています。

 

どの一枚にも 気持ちを込めて、

Nicoに納品してくれて

そして

お客さまの元へと届いていくように

願って作られているのが 伝わってきます。

 

 

ね、まずは ここで彼女のしつこさが 表れているでしょっ!←あくまでも良い意味で

 

 

 

初日から たくさんのお客さまに

お越しいただきました。

 

いろんなルールをこちらが勝手に決めさせてもらったのに

みなさん快く承諾してくださり

本当に感謝いたします。

 

 

ちょっと懐かしい写真をみてください

 

 

チョビリンさんと出会って15年

 

Nicoの歴史とずっと一緒に進んできました。

 

 

 

 

ふわふわポーチは 今まで何個生まれてきたかなぁ...

 

 

 

 

 

プクプクブローチのチクチクは  あっという間に嫁入りしましたね

 

 

 

 

アンティークのコートに 背中いっぱいの刺繍も楽しかったね

 

 

 

 

わが家では 今もなお活躍中の 鍋つかみもカラフルでした

 

 

 

 

これまた 懐かしの 長ネギバック!

 

 

 

 

がま口のハンドバックもたくさん作ったよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも残念で ピンボケごめん。 だけど

 

穴があくほど見ても うっとりする 神業の ロマンチックシリーズ

 

 

 

貸し出し風呂敷も プクプクつけて たくさん縫ってもらいました

 

 

 

15年の歴史の中には

まだまだ。

まだまだ。

まだまだ、たくさんの作品たちと思い出がどっさりあります。

 

 

 

駅前の小さなNico時代には

お客さまが 欲しい物を選ばれて

後日 くじ引きで当たった方がご購入いただける!!なんて

 

そんなことも みなさんで楽しんだこともありました。ネ!

 

.....................................................

 

 

 

 

 

 

今回の 

 

「チョビリンの洋服展」

  .....夏とお出かけ編.....は

 

インナーも含めて 全部で92枚 納品してくれました。

 

おかげさまで 大盛況!!

 

会期中は ずっとチョビリンさんと一緒に

お客さまと接してきました。

 

チョビリンさんの作る唯一無二の服は

なんだか、うまく言えないけど

日常を元気に楽しく変えてくれる服だと感じます。

 

お越しいただいたお客さまが

本当に嬉しそうに 見てくださったり

試着してくださったり

 

私も一緒に 幸せ気分に

浸ってしまいました。

 

そんなこんなで

写真もほぼ撮っていない状態でした。

 

そして

残りわずかになった中からも

ピタリ!と合う一枚を見つけてくださり

とても感動しました。

 

 

たくさんある中から 見つけるのも楽しいけど

 

少ない中から ピタッとくるものと出会えるのも

とても思い出深い一枚になるのかな...

 

いらしてた他のお客さまとも

キャッキャッ!!と盛り上がりました。

 

 

 

 

 

最終日には こんな感じになり

 

お盆休み明けには 完売いたしました。

 

本当に嬉しくて

心から感謝いたします。

 

 

..............................

 

お店に行かなくても

お買い物ができる便利なこの頃です。

 

それは 広い意味で とても大切なことだと思います。

 

(私も ピッ!ってクリックしてお買い物をします。)

 

それでも

Nicoへ 足を運んでくださるお客さま....

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

最近 読んだ原田マハさんの小説

「リーチ先生」の 一節にこうありました。

 

...自分は 自分に名前がないことを 恥じていた

  けれど リーチ先生に

 名のある陶芸家になることを 目的にしてはいけない

 ただ 喜んで創りなさい。

   中略

 名もなき花

 

 ひっそりとつぼみをつけ

 せいいっぱい咲いて

 静かに散っていった野辺の花。.....

 

ここを 

何度も 何度も読みました。

 

ずっと うまく言葉にできなかった

答えを見つけた気がしました。

 

Nicoは 名の知られた有名店ではないし

これからも そうはならないです。

 

だから

ここに チョビリンの服 があっても

どんどん人に知れ渡ることなど ないでしょう。

 

ただ この薄暗い店内には

自分たちの尺度ではあるけれど

一つ、一つの想いが溢れていて

 

どれも 一生懸命選んで置いています。

 

 

ただただ 喜んで創る。

 

そのことが 一番大切なことでは ないかなぁ。

 

日々 そんな風に思って過ごすことが

気持ち良いことだよ...と 教わったきがします。

 

..................

 

チョビリンさんも 

本当に 喜んで 服を作ってくれているし

 

私も

本当に喜んでそれをお客さまに 伝えていきたい。

 

今までも 何回も チョビリンの洋服展 は やってきましたが

 

今回は 

 

お客さまと

チョビリンさんと

Nicoと

 

三拍子で喜べあった10日間だったと思います。

 

 

 

これからも

 

ひっそりと 静かに

でも 想いは ブレさないように

喜んで 店に 立ち続けたいです。

 

大好きな 大好きな 人たちと

それぞれが 名もなき花を 咲かせられるように。

 

チョビリンさん こんなNicoですが

これからもよろしくお願いいたします

 

Nicoへ足を運んでくださるお客さま

ちょっと想いの熱い 面倒くさい店ですが

これからもよろしくお願いいたします

 

 

そして

ありがとう。チョビリンの服

 

あーりーがーとぉ ←(叫んでる意)

お客さまぁ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

| conbu | 15:20 | - | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode